当事者となった場合のお葬式の流れ

自身の親や兄弟、祖父母など、近親者が亡くなった場合、お葬式を執り行うことになります。
こういう行事は突然にしてやってくるものですから、心の準備などしている余裕はなく、目の前の課題をただひたすらにクリアしていくことに集中することになります。
葬儀屋さんの手配から始まり、死亡届の提出や火葬場の手配、親戚などへの連絡など一気にたくさんの作業をこなす必要があります。
葬儀屋さんはお手伝いはしてくれますが、あくまでも喪主が主役なので、決めるべきことは喪主がすべて決める必要があります。
こういう場合、喪主の方に仕事が集中してしまいがちで、喪主ではない近親者はむしろ手があいてしまうこともあるのですが、時間が限られている状況ですので、手の空いている方をうまく使うなり、喪主をフォローするなりして滞ることなくことを済ませていく必要があります。
個人的な乾燥ですが、亡くなられた方に対する悲しみや淋しさを感じるのは、お葬式が終わってからの方が強いです。

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.

当事者となった場合のお葬式の流れ